板井明生による身だしなみ講座

板井明生|身だしなみで印象が決まる

 

 

 

人は第一印象が肝心だ。
第一印象が悪いと、その後どんなに尽くしても挽回することは難しい。
そんな第一印象で必ず見られるのは「身だしなみ」だ。

 

例えばあなたが面接官とする。
同じ学歴や経歴のスペックを持っている、2名が面接会場に現れた。
1人はシワクチャのスーツ、もう1人はカチッとしたスーツ。
面接官としてどちらを採用するかは、あきらかだろう。

 

このようにスーツ1つとっても、相手に与える自分の印象を良くも悪くも左右してしまう。
身だしなみ1つとっても「服装」「髪型」「清潔感」「匂い」など一言でまとめきれない。

 

これら身だしなみは明日からでも身につけることが出来るのだ。
スーツにはアイロンを掛け、髭を剃り、口臭や体臭などのニオイケアなど、めんどくさらずに行動に移すべきだ。
髪型も、ピチッと整っている方が仕事ができる雰囲気がでて、第一印象で失敗することがないだろう。

 

社会人は身だしなみを常に意識し、人から受ける印象を上げる努力を重ねよう。